MENU

バレエをやっていたから?生え際前髪が薄い51代、恥ずかしながら女性用育毛剤を使う

3歳から15歳まで、ずっとクラシックバレエをやっていました。髪型はいつもお団子スタイル、長い髪の毛を束ねて引っ張り上げていたので、子供の頃から毛根には負担をかけていたことになります。そのせいなのでしょうか、髪の毛を下ろしたスタイルにしてから前髪の毛が薄い状態、特に生え際が貧相だと感じるようになりました。
若いうちはまだごまかすことができたから良いのですが、51代になった今の私は目も当てられない状態になってしまいました。前髪が薄いのですから前髪を作ったヘアスタイルはムリ、かといって昔のように束ねて額を出すと生え際がすごく後退しているのがバレるので、これも恥ずかしくて外出する時はいつも帽子を着用していました。
同じ51代の女性でも、まだフサフサの人も周囲には多くいます。ヘアスタイルって、若く見えるか老けて見えるかとても重要なポイントで、多少肌に衰えが見えてもヘアスタイルが若々しいと年齢よりもグッと若く見えるもののようです。私はこのままどんどん薄くなってクラス会でも老けて見られる方になってしまうんだ、そう思ったら悲しくなりました。
バレエをやっていたことで、スリムでクラスの女子からは一目置かれていた私です。その私がこんな有様では、もうクラス会になんて行けません。51代でも昔のようにオシャレな私でいたい、そう思いました。
諦める前に、よく新聞やテレビで見かける女性用育毛剤を試してみることにしました。女性用育毛剤を丸きり信じたわけではありませんが、やれることはやってみようと考えたのです。結構お値段の張る女性用育毛剤でしたから、これで効き目がなかったらどうしようと不安があり、毎日鏡とにらめっこして生え際の状態を観察しました。結果はというと、手応えありです。少しずつですが、産毛のように細かった髪が何となく太く艶やかになってきたような気がします。これが元気に育ってくれれば、憧れのヘアスタイルも夢ではないでしょう。

∴逍ム剤は続けることが大切・

 

まだ若いのに、コンプレックスは薄毛


私は髪のおしゃれが大好きで、高校を卒業してからは、ずっとパーマやカラーリングを欠かさず行っていました。
それが原因だったのかも知れません。
まだ30歳にもなっていなかった私のコンプレックスは、薄毛だったのです。


おでこが広くなった


その当時、清潔感を求められる仕事に就いていたこともあって、長い髪をいつもひっつめていました。
頭皮はいつも引っ張られた状態だったので、これも良くなかったでしょう。
ある時期から、まとめる髪の量が減ってきたような気がし始めて、自分の薄毛に気がつきました。
するとその途端、一気に薄毛は進行したように思います。
私の場合は、全体の髪の量も減りましたが、特におでこがどんどん広くなるように思えました。
なんだか顔の印象まで変わってきたように感じるほどです。
これには本当に震え上がりました。


美容院で相談


薄くなってしまった髪は、もう生えてこないのではないかと思うと不安で仕方ありません。
いつも通っている美容院で相談してみることにしました。
担当してくれている美容師さんは、いつも私の髪を心配してくれていて、パーマやカラーは控えた方がいいと何度も忠告してくれていたのですが、私は聞く耳を持っていなかったのです。
やはりプロの意見は素直に聞くべきですね。
謝った上で、改めて薄毛の対処法を聞いてみると、育毛剤を奨められました。


サンプルで育毛剤をお試し


女性の薄毛は男性と違って治りやすいということを聞いて、まず一安心です。
けれども、一朝一夕に治るものではないので、育毛剤は長期間に亘って使い続けなければならないこと、したがって買いやすいもので自分に合ったものを選ぶ必要があるということでした。
あまり高価ですと続けられませんし、安いものは有効成分も薄いのだそうです。
その美容院にも育毛剤は何種類か販売していたので、そのサンプルをもらい、試してみることにしました。
匂いや使用感などは、使ってみないと分かりませんから、サンプルがあったのはラッキーでした。
使ってみると、香りも強くなく、さっぱりとした使い心地です。
マッサージしながらよく揉みこむと、なんだか頭皮の凝りも取れるように感じます。
行きつけの美容院なら、その都度買いに行きやすいですし、値段も手頃だったので、レギュラーサイズを買ってみたのです。


頭皮マッサージで効果アップ


髪が増えてきたと感じるまでにはかなり時間が必要でしたが、元々の髪のハリやコシの違いはすぐに感じることができました。
頭皮をよくマッサージするのも効果的なのかもしれません。
これをきっかけに、生活習慣も改めるようになりましたし、健康にも気を使うようになりました。
今では、若い頃よりずっときれいな髪になったと思っています。

∴逍ム剤を使用したら頭皮が元気になった・

 

育毛剤を使用したら頭皮状態が改善した


育毛剤は髪の毛を育てるだけではなく、頭皮も元気にしてくれました。
以前は頭皮状態が悪く、乾燥したり、フケが出たりしており、頭皮に異常が出ると抜け毛が増えるという感じでした。
発毛クリニックのホームページを見ても、育毛とは髪の毛を育てるのではなく、頭皮状態を改善することだと書かれており、非常に納得したのを覚えています。
育毛のために大切なのは頭皮ケアであり、以前はヘアケアばかり重視していたので、髪の毛が成長しないのは当然だったのかもしれません。


頭皮状態の改善を実感できた理由


フケが減りましたし、過剰な皮脂も減ったからです。
また、頭皮マッサージしたときに、頭皮の硬さがかなり解消されてきて、指を動かしやすくなりました。
以前はニンジンや大根の表面と同じくらい頭皮が硬く、マッサージをしている指が疲れてしまったのですが、育毛剤を使用しているうちに少しずつ柔軟になり、楽にマッサージできるようになりました。
マッサージを続けていると、髪の毛が立つようになってくるのです。
今まではペチャっと寝ていたのですが、立つようになるとボリュームが増したように見えるのです。
毛量が同じだとしても、多く見えたほうが得でしょう。


育毛剤の効果を高めるポイント


頭皮をキレイにしてから使用すること、使用後にマッサージすること、昼よりも夜に使うことです。
いろいろな状況・タイミングで使用してみましたが、上記のような使い方をすると非常に効果が高くなります。
毎日使っているのに効果が出ないという方は、間違った使い方をしている可能性がありますね。


ドライヤーで髪の毛を乾燥させてから使おう


育毛剤を使用してから、ドライヤーで髪の毛を乾燥させる方もいますが、より効果を高めるためには、先にドライヤーを使ったほうがいいです。
8割くらい乾燥させてから育毛剤を塗り込んで、あとは指でマッサージしていきます。
マッサージをすると、液剤が毛根まで届きやすくなるそうです。
塗布したあとは、少し髪の毛が濡れている状態ですが、そのまま放置して問題ありません。
私は塗布してから5分くらい自然乾燥させてから、眠るようにしていました。


男性用の育毛剤を使うとどうなる?


かなり昔、男性用の育毛剤を使ってみたことがあるのですが、明らかに女性用よりも刺激が強いものでした。
頭皮がヒリヒリして、過度に乾燥するようになり、やがて炎症を起こしてしまいました。
男性用は有効成分の配合量が多いので、女性には強すぎるようです。
同様に男性用の発毛剤も避けたほうがいいでしょう。
発毛剤はさらに有効成分が多く、頭皮に強く働くからです。